ボトルシステムについて

ウォーターサーバー(宅配水サービス)の水を入れるボトルには、
ワンウェイ=使い切りボトルと、ツーウェイ=使いまわし(リターナブル)ボトル
に分かれます。

ワンウェイシステムの(使い切り)ボトル

採水地から水がユーザーまで直接届けられ(産地直送)、
その水の容器(ボトル)はユーザーがリサイクルごみとして処分する方式。
使用後ボトルは小さくたたんで捨てることができます。
容器はリサイクルが容易なPET素材
毎回新品のボトルだから衛生面での不安がない
使用後の空ボトルの保管場所が要らない
などのメリットがあります。

ツーウェイシステムの(使いまわし・リターナブル)ボトル

使用後の空のボトルは、新しい水を配達時に回収。
回収した容器を洗浄し再利用する方式。
再利用するので環境にやさしい
ごみに出す手間が要らない
というメリットがある一方で、
使用後の空ボトルの保管場所が必要
同じ容器を何度も使用するので、衛生面が心配
というデメリットも考えられます。
もちろん、当サイトで紹介しているツーウェイシステムの宅配水サービスは
容器の洗浄、殺菌等の衛生管理は万全に行われているはずですが...
衛生面で心配であれば、ワンウェイシステム(使いきりボトル)の宅配水サービスを
選ばれたほうがいいかと思います。

このページの先頭へ