水の種類について

ウォーターサーバー(宅配水サービス)で提供している水は、大きく分けて
以下の2つに分類されます。

ナチュラルミネラルウォーター(天然水)

専門的に言うと、
自然のミネラル水(特定水源より採水された地下水のうち、地下で蒸留
または移動中に地層中のミネラルが溶解したもの)
に、
+ろ過や加熱殺菌の処理を行った水。
単に『天然水』と呼ばれているのがコレです。
大自然の水の本来のおいしさ(自然の恵み)が味わえます。

ボトルドウォーター(人工水、加工水)

自然のミネラル水やその他の水を、ろ過、沈殿及び過熱殺菌以外に
原水の本来成分を大きく変化させる
処理を行ったもの。
『人工水』または『加工水』と呼ばれる場合もあります。
ウォーターサーバーで提供されているボトルドウォーターの中には
主に、以下の2つの水の呼び方があります。

・ピュアウォーター(純水)

自然のミネラル水を逆浸透膜システム(ROシステム)によって、
分子レベルまで徹底的にろ過した水。
日本語でいえばそのまま『純水』です。
このピュアウォーターは不純物を含まず、水本来の風味をもち、癖(くせ)もなく
飲みやすくなります。また徹底的なろ過を行っている点から、安全性も高いといえます。

・RO水

1000万分の1mmの極小フィルター「RO膜」(逆浸透膜)で、ろ過し精製する水の総称です。
不純物を取り除きますが、同時に天然のミネラル分等も取り除いてしまいます。
それを補うためにミネラル薬品を添加し成分、味の調整をしているものもあります。
※ピュアウォーターもRO水ですが、ミネラルの添加などの成分調整は行いません
上記のどの水がいいかは一概に言えませんが、
自然の美味しさを味わいたいなら、ナチュラルミネラルウォーター(天然水)がいいと思います。
クセがなくすっきり味わえるのは、ピュアウォーターやRO水になると思います。
水の種類をどれにするかは、後述するサーバーの雑菌対策ボトルシステムと合わせて、
総合的に判断されるのがいいでしょう。

このページの先頭へ